読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◉◯◉メンタル救世主◉◯◉

精神疾患専門の訪問看護師をしている夫婦のBlogです。

Kちゃんとのストレスの日々から見えた私の進む道①

週三回夕方、あのパーキングに停め緩やかな坂を少し登りオートロック

「306」を押す。

この一連の動作が辛くて辛くて。

そこから毎回2時間弱、板張りに正座をして彼女の話を聞く。

続きを読む

恩を仇で返される?!この仕事の落とし穴でもあり最もストレスに感じる瞬間。

「恩を仇で返す」

恩を受けた人に対して、感謝するどころか害を加えるような仕打ちをする

故事ことわざ辞典

 人生の中でできれば経験したくないことだし、経験しても数えるほど。

でも、この仕事をしていると

続きを読む

病気であることが認識できない苦しみに寄り添う手段はあるのか?

喉が痛くて鼻水が出て、悪寒がすれば、、、風邪だわー

走って転んで膝をアスファルトでこすって血が出たら、、、擦り傷だわー

脚立から落ちて足が腫れ上がって痛い、、、骨折だわー

採血結果でCRPが高ければ、、、どっか炎症が起きてるわー

 

みたいに。

 

視覚的に、感覚的に、物理的に変化が起きて病気である認識をすることがほとんどですが。

精神疾患というものは、その多くが目には見えないもの。

他者はもちろん自分でもわからない場合があります。

続きを読む

幻聴・幻覚のリアルって見方を変えるとちょっと苦しみ減るのかも!?

幻聴・幻覚がある患者さんは沢山います。

私は訪問を始める前から精神科病棟に長年勤めていたので数多くの幻聴・幻覚を患者さんを介して看て来ました。

もちろん大半が苦しめられている方が多いものです。

続きを読む

いなくなって初めてわかる大切だったこと・・・的な。

君の存在が当たり前だと思ってました。

君がいない生活なんて考えたこともありませんでした。

24時間365日私のそばにいてくれて。

力強く、ドシンと構えていて

口数は少ないけれど

君はいつだって私の右腕のような存在だった。

私がカッカと機嫌悪く八つ当たりしても君は何も言わずにいつだって私を満たしてくれました。

続きを読む

結婚観について斬新な答えを導き出したT氏

Tさん 50代 女性 双極性感情障害

 

1年3か月前から週3回から2回で訪問開始

 

Tさんは、幼少期から両親からの虐待、結婚してから夫からの虐待を受けてきた方です。頭脳明誠で30年ほど教師をしていましたが、上司からのいじめで退職。そこから精神症状が著明に出てきて受診やカウンセリングが始まりました。

続きを読む

メンタル救世主はじめました。精神科専門の訪問看護師、日々の記録です。[yome]

はじめまして。

精神科専門の訪問看護師を夫婦でしております「メンタル救世主」です。

そして私は嫁のほう(以下[yome])です。

続きを読む